お勧め釣り道具

スルッパ(SURPPA)を利用したアマペンキャリングケースの作り方(自作DIY)

お勧め釣り道具

 釣りに行く時に、アマゾンペンシルをぱっと持ち出せるキャリングケースを作ってみました。
 材料と工具が揃っていれば5分程度で出来る簡単な物ですので、ご興味がありましたらチャレンジしてみてください。
 ※元ネタはTwitter上の他の方のアイディアを参考にさせて頂いています。

スポンサーリンク

材料

必要な材料は以下の通りとなります。
●SURPPA スルッパ 【Lサイズ】95×320mm
 入れるルアーに合わせてサイズ選択ください。
●タイラップ 10cm
 長いタイラップを使用するとタイラップが太くなるため、大きな穴を開ける必要があります。
 出来るだけ短いタイラップを使用すると良いと思います。10cmの場合3mmの穴で通ります。
●マグネットリリーサー付きのカラビナ
 ルアーの出し入れの際に取り外しが簡単なマグネットリリーサー付きのカラビナが良いと思います。100均で入手可能です。

作り方

 完成品は、上の写真のようになります。カラビナでズボンのベルトループや、バッグにぶら下げるため、スルッパの下側(写真左側)からルアーが落ちないようにタイラップで閉じています。
 タイラップを使用する事により、濡れたルアーを入れても下から水が抜けます。

 タイラップを通すために上写真の左、カラビナを通すため上写真の右下のオレンジの丸の部分に3mmの穴を開けます。
 私はドリルで3mm穴を開けましたが、キリでも対応可能と思われます。
 ※パンチで穴あけも可能と教えて頂きました。安全ですので此方の方が良いと思います。

 左側の穴にタイラップを通し、不要な部分をカットします。

 右側の穴には、マグネットリリーサー付きのカラビナを接続します。少し通しにくいですがスプリットリングプライヤーを持っていればなんとかなると思います。
 SURPPAのロゴの部分ですが、素材のポリプロピレンが3重になっており一番強度がある部分ですのである程度の負荷が掛かっても破断する事は無いと思います。

完成品と注意点

 完成してルアーを入れるとこんな感じで、MEGADOG180もスルっと入ります。
 が、カラビナを付けた事によりパっと出ません………
 ルアーを上下逆(フックが上に来る)に入れれば解消されます。

SURPPAのロゴが読める方向だと、フックがスプリットリングに引っ掛かります。

 スルッパを逆さまにして抜くと、マグネットリリーサーのマグネットにフックが張り付きます。これは引っ張れば抜けます。

 スムーズに抜くには、スルッパを逆さまにして、マグネットを右方向に振って置くと、スルっと抜けます。
 
 以上となります。ご興味ありましたら簡単ですのでお試ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました