お勧め釣り道具

スタジオ オーシャンマーク フックリムーバー HR165S-SEABASS + マズメ ホルダー インプレ 比較

お勧め釣り道具

 DAIWAのフックリムーバーを使用していたのですが、先日、ルアーを丸飲みにされた際に長さが足りなかったため、シーバス用に特化したフックリムーバーとの事で此方を購入してみました。
 使い勝手が大変良かったので、インプレを記載します。

 フックリムーバーは、手早いリリースが出来魚の為にも、ルアーのフックから距離を取れるので自分のためにも良い物だと考えています。

スポンサーリンク

フックリムーバー外観、説明書

購入時の外観は写真の通りで、ビニールのパッケージに厚紙の説明書が入っているシンプルな構成です。

中に入っている厚紙を開くと説明書が書いてあります。使い方は商品を見れば分かると思いますが、フックのどの位置をリムーバーで掴むかが重要になって来ますので、一読する事をお勧めします。

厚紙の裏側は注意事項が記載されています。修理も受付してくれるようです。

フックリムーバーは、ほぼ金属で出来ていますが、矢印の部分のみプラスチックで出来ています。ここも金属ならもっと質感が良かったと思うのですが。。。
上の写真で分かると思いますが、先端のカギ爪が此方に向かって開いている状態となります。このため、この商品は右利きの人が使用する事を前提に作られていますので、左利きの人は注意が必要です。

矢印の部分にネジがあります。反対側も同様です。個人でも分解出来そうですね。調子が悪くなったらチャレンジしてみます。シンプルな構成なので調子悪くなる事が無いように思いますが。

フックを掴んでみた

 フックを掴んでいる状態が上の写真となります。リムーバー自身小ぶりに作られていますので、手が小さい女性の方でも問題無く使用できると思います。もちろん男性でも問題ありません。
 小ぶりなルアーであれば、リアフックを掴んでいる状態でフロントフックと手に十分距離が取れている事が確認できます。
 魚からフックを外す際に、フックから距離を取れるのがこのリムーバーの一番の魅力と考えています。魚が暴れてフックが自分の手に刺さる事を想像するとぞっとしますよね。

 自分の手持ちで、大きいルアー(ガルバストロングとブローウィン140S)との比較です。リアフックをフックリムーバーで掴んだ際に、フロントフックとの距離を確認できように配置してあります。フックリムーバーは輪ゴムでレバーを引いた状態で固定してあります。
 140mmのルアーでフロントフックと手の距離がぎりぎりですね。これ以上大きなルアーを使う場合は、魚からフックを外す際に注意が必要となります。

 実際にフックを掴んでみました。エリア10に付属している8番のフックを掴んでいます。しっかり掴めています。

 フックの軸を掴んだ際も問題なく、しっかり掴めます。

 フックを掴む際は、上の矢印の溝にフックを掛けるように掴みます。ここにしっかり掛かって居ないと、しっかり握っていても外れますので注意が必要です。

DAIWAフックリムーバー、アリエクのフックリムーバーとの比較

 DAIWAのフックリムーバーでもルアーが魚の口に掛かっている分にはまったく問題がありません。
 先日釣ったシーバスにルアーを丸飲みされており、DAIWAのリムーバーではぎりぎり届く範囲で、フックを掴んでも奥に押す事がなかなか出来ませんでした。結果、少し流血させてしまいましたが無事に外してリリースできました。オーシャンマークのリムーバーであれば長さも十分です。
 ※DAIWAのリムーバーは上下均等に作成されており、左利きの方が使用しても問題ありません。

 先頭のカギ爪の形が違いましたので、写真を撮りました。どちらも問題無く使用できました。

 この写真の商品ですが、今は手元にありませんがアリエクで購入したフックリムーバーとなります。先端のカギ爪の太さが1mm程度もあり、太過ぎてシーバス用には使用出来ませんでした。購入を検討されていましたら豪注意ください。

カラーラインナップ

 カラーラインナップは上写真の通り、5色展開となります。詳細はこちらのメーカーサイトを参照ください。

マズメ フックリムーバーホルダー

 フックリムーバーを購入している方が、同時にこのホルダーを購入しているのをTwitterで何度も見掛けていたので、それほど高価でも無いため購入してみました。
 さすが、専用設計品ですのでとても使いやすいです。
 ホルダーは、芯がしっかり入っており折れ曲がる心配もありません。

 フックリムーバーの収納状態は、上写真の通りです。下にフックリムーバーの先端が少し出ますが、ホルダーがしっかりした素材のため、曲がって何かを引っかけたりする事は無さそうです。

 裏側は、プラスチックの留め具があり、固定後は不用意に外れる事は無さそうです。

 広げてみると、内側はベルクロになっており、細いベルトから太いベルトまで対応可能です。

 このホルダーの一番秀逸なのが、上の留め具です。矢印のタブを掴んでしまえば、左側に引っ張り話せばロックを解除できます。うまく表現できないのですが、使ってみると手放せなくなります。

 カラーラインナップは上の3色となります。詳細はこちらのメーカーサイトより参照ください。

マズメ ウエストバッグの固定

 自分は、店舗で購入したため、ブラックの在庫が無かったためブラックカスリを購入しました。ヒップバックがブラックだったのでブラックが良かったのですが、思ったより違和感が無いのでこのまま使用します。

 ヒップバック側のベルトに高さがあるため、ホルダー裏のベルクロは機能していません。プラスチックの留め具で止めている状態で、リムーバーとホルダーの自重で下に降りている状態です。
 どうにも不安定な付け方ですが、ホルダー右側のDカンに物を付けているせいか思いのほか動かず使用しやすいです。
 購入時にリムーバーの黒と赤に迷いましたが、フィッシュグリップの赤といい感じにマッチしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました